2008年02月01日

他のソフトについて

フリーソフトも含め、優れた3D景観CGソフトはいろいろあります。

そんな中で、VistaProの(今でも残っている)魅力はというと、

・とにかく操作が簡単で直感的に分かる。
・体験版なら無料。
・動画作成機能がビルトインされていてこれまた直感的に使える。
・個人的に大好きな「乱数で自動作成」の要素が盛りだくさん。
・ステレオグラムや360度パノラマの作成機能は割と珍しいのでは?
・実行ファイル1個持ち歩くだけでどこでも動かせる。
・動作が安定している。
・画像がショボい分(笑)、動画なども短時間で完成する。

一言で言えば「手軽さ」がVistaProの魅力だと思います。

一方、機能を満載した最新のソフトももちろん魅力的です。
ここでは、有名どころの3D景観CGソフトを紹介して、まだ実際には使っていませんので、現時点での私の「印象」を書いておこうと思います。

1.Terragen
 人気のあるオーソドックスな3D景観ソフトで、非商用ならフリーソフト。現在Terragen2も開発中。VistaProの流れを引き継いで、次のステップとしてより本格的なソフトを使おうというのなら、恐らくこのTerragenが王道なのだと思います。ただ、アニメーションを作るのがちょっと面倒そうなのが残念。

2.Vue
 市販ソフトですが、無料で使えるPLE(Personal Learning Edition)という体験版があります。植生など、いろいろ「乱数で自動生成」的なものが盛り込まれていたり、アニメーション機能もビルトインされているようなので、とても興味がありますね。でもフル機能版はすごく高い!

3.Bryce
 市販ソフトです。日本語化もされておらず、ざっと探したところ体験版もなさそうですね。一世を風靡したソフトで、昔、VistaPro2の次のステップのソフトとして検討したこともあったのですが、最近は上記のTerragenやVueに押されて元気が無いようです。

4.カシミール3D
 これは、山岳地図の可視化を目的として開発されたソフトだと理解しています。ですので、地図データが必要ですし、基本的に高いところからの鳥瞰図を作るソフトですね。ちょっと私の関心とは方向性が違うようです。
posted by だんちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 9.未分類・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VistaProへの個人的提案

最後に1つ、VistaProというソフトウェア(と、それについて権利をもってる皆様)へ提案。

VistaProは本当に素晴らしいソフトで、今でも色あせない魅力がありますが、さすがにもう「お金を取れるソフト」ではないような気がします。

商用利用などに制限を加える(一応ね)とかはあってもいいので、いっそのことフリーソフト化すべきだと思います。

幸いなことに、アプリケーションの構造がものすごくシンプルで、何のメンテナンスもせずに最新のWindows Vistaでさえ動きますし、インストール不要なためポータビリティもものすごく高いです。

このような特性をもったソフトウェアが最も有効に活用されそうなのは、「教育現場」だと思っています。

VistaProなら、おそらく小学生でもある程度使いこなせると思いますし、出力されるのが風景CGというのは、子どもにとっても親しみやすいですね。

教材であれば、分かりやすさ、親しみやすさが重視されますから、出力されるCGがチープであっても、長く使ってもらえると思うのです。(それに、チープチープといっても、初めて自分で操作して出力したVistaProの画を見るとそれなりの驚きはあると思いますし。)

ですから、パソコン実習の教材として、VistaProはまたとないソフトだと思うのです。

まあ、関係者の方がこんなブログを見るわけではないと思うのですが、とりあえず妄想で書いてみました。
posted by だんちゃん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 9.未分類・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。