2008年02月17日

空の設定について

Skyウィンドウで設定できる空や雲の設定、それぞれの依存関係がよく分からないので、確認してみることにしました。

まずは、空の設定から。(雲については別エントリで)

sky_base.jpg
デフォルト設定のこの画像から。
デフォルトでは、Sky:オン、Horizon:オン、Clouds:オフ、Stards and moon:オフ、という設定です。

nosky.jpg
↑Skyだけをオフにするとこうなります。高度ゼロ以下のHorizon(黄緑のグラデーション)だけが残った不自然な画像になります。

nohorizon.jpg
↑Skyをオンに戻して、Horizonだけをオフにするとこうです。Horizonと違って、Skyは地平線がない場合は下まで描写されることが分かります。Horizonの色(緑)は不自然なので、むしろこっちのほうがいいですね。(ただし、Horizonの色の変更もできます)

noskynohorizon.jpg
↑SkyもHorizonもオフにすると、真っ黒になります。
夜の映像に似ていますが、よくみると星も月も出ていませんし、逆に地面の光りかたは太陽が出ているのと同じですから、ものすごく不自然です。

ここまで分かったので、今度は夜の風景を作る方向にいってみましょう。

moon_base.jpg
単純に「stars and moon」をオンにすると、こんな感じになります。

ぱっと見るとよさそうですが、ただ空が変わっているだけで、影の方向も月と合っていないし(影は太陽の位置を基準に作られている)、何より地面が明るすぎです。

moon_withcloud.jpg
空が変わっているだけなので、雲も普通に出せてしまいます。

moon_noshadow.jpg
リアリティを出すために、まずは影を消してしまいます。

moon_lowbright.jpg
そして、ブライトネス(Skyウィンドウにあります)を下げて、暗い感じを強調します。

これで、夜らしい風景になりました。
posted by だんちゃん at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83833841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。