2008年02月05日

影の設定の微調整

VistaProのパラメータの研究の続きです。

今回は、Lightタブにある、影に関連するパラメータです。
なお、光と影の関係をはっきりさせるため、今回のレンダリングにおいては「自動露出(Auto exposure)」はオフにしてあります。

shadow_base.jpg
↑これがベースとなる絵です。

shadow_off.jpg
↑「Shadow」ボタンをオフにした場合。影が消えています。

shadow_ex.jpg
↑「Exaggeration」とは、影のつきかたの誇張という意味だそうです。
 これを見ると、影によって暗くなるコントラストが誇張されていることが見てとれます。

shadow_irr1.jpg
↑デフォルトで100になっているIrregularity(影の不規則さ)を1に下げた結果です。
 多少描写がおとなしくなっているかな・・・でもよく分からないですね。

shadow_irr1000.jpg
↑一方、逆にIrregularityを1000に引き上げると、違いがはっきり分かります。水面が水面じゃないかのような描かれ方になっています。

うーん・・・結局これらのパラメータはデフォルトのままが一番よさそうな感じですね。
posted by だんちゃん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82511759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。